読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体験型脱出ゲームに関する疑問について考えてみる

 はじめての体験って記憶鮮明ですよね。

ドキドキハラハラ、未知への挑戦なら尚更のこと。

 私が初めてエスケープハントを体験した時は、脱出ゲームもエスケープハントもよく知りませんでした。
 訳が分からないままいきなり友人と部屋に閉じ込められて、、、危険こそ感じないけど不安にはなったものです。

 

 そこで今回は、体験型脱出ゲーム未体験のみなさまが抱いておられるかもしれない、巷の誤解について明らかにしたいと思います!


1.「私クイズは苦手なの。だから、脱出ゲームも好きじゃないと思う。」
 そうそう!私も最初はそう思っていました。でも、実際に行ってみたら、脱出ゲームには様々な要素が含まれています。
 何かを探し出したり、ちょっとした仕掛をいじってみたり、、、私の場合はとりあえず試してみるところがセットの仕掛を解除する時に役立って達成感!一緒に行ったお友達も「クイズは苦手」派だったけど、ゲームマスターの絶妙なヒントもあり、難しすぎずに楽しめました。

f:id:escapehunttokyo:20160214144047p:plain

 

 

2.「脱出ゲームならスマホでもできるのに、どうしてわざわざ体験型に行くの?」
いえいえ、バーチャルな世界のゲームと現実世界での体験型には格段の違いがあります!
友達や大切な人と出かけて体験して楽しむのは、電子のゲームをプレイしたり家でビデオ鑑賞するのとは雲泥の差!
加えて、脱出ゲームには絆を深めたり、共同作業を楽しんだり、共通の目標を達成したりする効果もあります。
(こちらもご覧ください:http://escapehunttokyo.hatenablog.com/entry/2016/01/29/193756

f:id:escapehunttokyo:20160214143758p:plain

 

3.「脱出ゲームって、ホラー映画の『SAW』みたいな感じ?」
「部屋に閉じ込められて、ゲームマスターに監視される・・・なんだか『SAW』っぽいね。」
脱出ゲームに関する最も多い誤解って、このような恐怖映画的なものかもしれません。
でも、選択肢は様々。エスケープハントなら結婚式の当日に姿を消した花嫁を探す名探偵のストーリー、禅の道場の修行僧、将軍を守る侍などなど。ホラー映画が苦手な方でも心配はありません。

f:id:escapehunttokyo:20160214144433p:plain

 

4.「知らない人とひとつの部屋に入れられるなんて💦・・・」
心配ご無用です!エスケープハントなら、知らない人と一緒にプレイすることはありません。

f:id:escapehunttokyo:20160214145051p:plain

 

5.「“〇〇さん”なら頭がいいから・・・彼が全部解いてしまって、私はぼけっと突っ立っているだけかも。」
 そんな頭の良い“〇〇さん”はどこにいるのでしょう?エスケープハントは脳みそだけで解くものではありません。
 制限時間内に手がかりを探し出し、一見ばらばらに見えるモノ同士を組み合わせて全ての謎を解き明かさなくてはなりません。
 ほとんどの脱出ゲームは、複数人以上のプレイヤーが協力しあい、お互いのスキルを出しあって時間内に問題を解決するように作られています。加えて、多くの脱出ゲームは特定の作業や達成目標を充たすために最小プレイ人数が設定されています。

f:id:escapehunttokyo:20160129191316j:plain

 

6.「もう、ゲームやパズルをするような歳ではないわ。」
脱出ゲームをするのには、特定の適性やスキルが必要だというイメージから、そんな風に考える方も少なくないかもしれません。でも、グループで体験型脱出ゲームに取り組んで頂くと、お互いに協力しあうことで創造性、想像力や確信性などが生まれてきます。老いも若きも一緒に楽しめるのが体験型脱出ゲームなのです。
挑戦することで、脳はいくつになっても鍛えられるという学説もありますし!
https://www.psychologytoday.com/blog/iage/201304/brain-plasticity-in-older-adults

f:id:escapehunttokyo:20160214145412p:plain

 

7.「私、閉所恐怖症なの。脱出ゲームは向いていないと思う。」
 そんな方にはご心配かもしれません。
でも、信頼できる人と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?
 ゲームマスターにもあらかじめ、そのことをお伝え下さい。
もしも出たくなったら、途中でお部屋から出られるようにお手伝い出来ます。
 事前にネットのレビューなどもチェックしておいて下さいね。

 閉所恐怖症とひとくちに言っても、それぞれの方によって感じるレベルは異なりますので、自分にとっては大丈夫だと確認して頂ければ、きっと楽しい経験ができますよ!

 

↓ こんなことはエスケープハントでは決してありません!!

f:id:escapehunttokyo:20160214145646p:plain

 

8.「おばけ屋敷みたいなものなの?」
 中には恐いタイプの体験型脱出ゲームもありますが、怖くないものもたくさんあります。
 体験型脱出ゲームの多くは、手がかりを探し出し、それらの要素を組み合わせて制限時間内に全ての謎を解き明かすというものです。謎を全て解いた後には仲間と盛り上がれるネタがたくさんあることでしょう!

f:id:escapehunttokyo:20160214145914p:plain

 

9.「誰かに脅かされたりするの?」
 中には、部屋の中に誰かが隠れていて脅かしてくるような脱出ゲームもあります。
どうしても心配なら事前に問い合わせて確認しておくと良いかもしれません。

f:id:escapehunttokyo:20160214150036j:plain

10.「脱出ゲームなんて、みんな同じじゃないの?」
いえいえ、様々な種類がありますので、ネットなどで探してみて下さいね。
エスケープハントにも、3種類のゲームがあります♪

f:id:escapehunttokyo:20160214150424p:plain


 ここにはよく聞く脱出ゲームに関する誤解を書いてみました。体験型脱出ゲームがメジャーなるにつれて、情報も増え、解消されていくものもあると思います。

 百聞は一見に如かず。エスケープハントを楽しまれたお客様のほとんどは、楽しい/仲良くなれる/ひらめきを触発された/没頭した/時が過ぎるのがあっという間だった!などなどの経験をして頂いています。一度試して頂ければ、実感して頂けます♪

 もしも他にもご質問がありましたら、何なりとお問い合わせくださいね。

 

http://tokyo.escapehunt.com/ja/